メインイメージ

マネジメントの始まり

ホームページ制作の依頼はマネジメントの始まりです

ホームページ制作をしようと思ったら、ホームページの目的、コンセプト、方向性やどのような情報をどのようなターゲットに発信するのかという事を伝える事から始まります。伝えるためにはとても重要なプロセスです。それが大まかでいいので出来上がってからが、ホームページ制作の依頼となります。

まずは料金的な事を算出する以前に、目的にマッチした最適なホームページ制作をするために、インターネットマーケティングの専門家と話をします。相手はプロなので、ヒアリング能力にも長けているので、目指したい方向や目的、コンセプトなどは伝わりやすいです。思ってる事を言うだけで徐々に目に見えて形になっていきます。言葉で伝えたことを形にするのがホームページ制作会社の仕事です。

ホームページ制作の全体的な構成や企画、営業戦略が見えてきたら正式な依頼へとなります。

しかし、ホームページ会社だけではお客様の望まれるホームページを制作するのは難しいです。お客様の力添えもあってこそ、ホームページ制作ができます。

依頼をしたその日からお互いがビジネスパートナーとなります。これは、ホームページが完成したら終わりでは無く、ホームページが完成してからがスタートラインとなります。ホームページの更新は経営、営業戦略には欠かせません。急に更新が必要になった場合でも対応してもらえます。そして、ご自身で更新を望まれる場合は、更新の仕方まで理解できるまでしっかりとレクチャーをしてもらえます。

その他、重要な事に着目をすると、ホームページというのは作ったからと言って宣伝になったり人が見に来てくれる訳ではありません。ヤフーやグーグルなどでキーワードで検索し、検索結果が上位に出てこそ、集客効果があらわれます。

その検索結果を上位に表示させることもホームページ制作会社では行っております。

日々大量に発信されるインターネットの情報の中から、常に検索結果上位表示できるようにサポートをしてくれます。それが集客効果になり、多くの人の目にとまるり、ホームページにアクセスしてくれるようになります。次は、そのアクセスを解析し、分析をして、その結果の情報を教えてくれて、今後の企業の方向性やターゲット層などのアドバイスを的確にしてもらえます。

ホームページという物は作ってから育てていくものです。そのお手伝いをしていくビジネスパートナーがホームページ制作会社です。依頼をしたその日から、お互いがパートナーとなって育っていきます。

Copyright©2014ホームページ制作を依頼するときに考える、サポートや見積もりから考える All Rights Reserved.